STREAMLINE STUDIOS

日本語ページへようこそ!
Play
X

最新情報

マレーシアのゲーム業界:多文化受け入れる土壌強みに

石油やパーム油、天然ゴムなど労働集約型の一次産品への依存から脱却するため、産業の高付加価値化を急ぐマレーシア政府が、昨今注力しているのがゲーム産業の育成だ。東南アジアのゲーム開発拠点としては、長らくシンガポールが先頭に立っていたが、コストの上昇で周辺国への移転が進んでいる。 もっと見る

Streamline StudiosがソニーのパートナーとしてChina Hero Projectに参入

2017年7月27日~30日、中国最大規模を誇るエンターテインメントのイベントChinaJoy 2017が開催。会期を翌日に控えた7月26日にソニー・インタラクティブエンタテインメント上海(SIESH)主催による“2017 PlayStation Press Conference in China”が、上海 メルセデスベンツアリーナで行われた。 もっと見る

Final Fantasy® XV

STREAMLINE STUDIOS (ストリームライン スタジオ)、ファイナルファンタジーXVへのプレミアム 外部開発サービスを提供。

もっと見る

Street Fighter® V

STREAMLINE STUDIOS の統合的なアウトソーシング開発とアート専門技術を クラシックな格闘ゲームシリーズに導入。

もっと見る

お客様の声

河崎高之

EPIC GAMES JAPAN テリトリーマネージャー


ライセンシーから「信頼できる開発パートナーを推薦して欲しい」と言われることがよくありますが、そんな時はいつもStreamline Studiosを一番にお薦めしています。 Streamlineはこれまでに世界中の数多くのゲーム会社とAAAクラスの仕事を行ってきました。UE4を使いこなす彼らのクオリティとクリエイティブなタレントは、正にワールドクラスです。

田畑端

FINAL FANTASY XV ディレクター


ゲーム開発で最も時間的にシビアで、厳しい状況になる開発終盤戦を支えてくれたのが、Streamlineでした。彼らはそういった状況でも混乱せず、安定した素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。これが、FFXV開発チームが、Streamlineとの継続的パートナーシップを望んでいる理由です。

キム・ボーチャン(金 甫 讃)

Street Fighter V シニアプロデューサー(USA)


「Streamframe」によって、『ストリートファイターV』の開発チームは世界中どこにいてもまるで同じ部屋にいるように仕事ができるのです。グローバルIPの発展には、創造性の限界に挑み、それを乗り越えていくチームが求められていますが、Streamlineはすでにそれを具現化しています。

会社概要

商号: Streamline Studios

設立: 2001年6月26日

代表者: Alexander L. Fernandez

開発拠点: マレーシア

事業内容:

  • ビデオゲームの企画・開発受託業務
  • 自社ゲームの企画・開発・販売
  • アプリケーションの企画・開発・販売
  • プロジェクト管理ツールの企画・開発・販売
  • コンサルティング業務

従業員数: 220名(2017年8月現在)

沿革

    2001年
  • オランダ・アムステルダムにて「Streamline Studios」を設立。
    PCと家庭用ゲーム機「PlayStation®2とXbox®」のゲーム開発に参入。
  • 2002年
  • エピック・ゲームズ社の実施権者として、ゲーム開発サービスを提供開始。
    世界初のゲーム開発管理ツール「Streamframe®」の開発を開始。
  • 2005年
  • ヨーロッパシールのe優秀賞(European Seal of e-Excellence)を受賞。
  • 2009年
  • 自社開発ゲーム 「フープワールド(HoopWorld)」 (Wii)を発売 。
  • 2010年
  • アメリカ・ラスベガスにて本社「Streamline Media Group Inc.」を設立 。
    マレーシア・クアラルンプールにて開発拠点「Streamline Studios Sdn. Bhd.」を設立 。
  • 2012年
  • 自社開発ゲーム「アクソン・ランナー(Axon Runners)」(iOS)を発売。
  • 2015年
  • 開発管理ツール「Streamframe®」を発売。
  • 2016年
  • 株式会社カプコンの『ストリートファイターV』とのパートナーシップを発表 。
    株式会社スクウェア・エニックスのパートナーとして、『ファイナルファンタジーXV』を共同開発。